活動履歴

活動履歴

2019/11/30

寒さと熱さと小雨の里山研修で、竹切り・竹倒し研修+(プラス)焚火。

2019年も押し詰まってきました。はやぶさ2がりゅうぐうに着陸したのは2月でした。イチローが引退したのは3月、そして4月に「令和」と元号が変わりました。猛暑に苦しんだ夏も過ぎて、冬を迎えたのはここ奈良県高取町も同じです。11月28日、そんな高取町の里山で、竹切り研修を行いました。 夏場の里山は蚊や虫が気になりましたが、今は冷気が厳しく感じます。朝8時の里山は、一言“寒い”。早く体を動かさなくてはの一念でラジオ体操と思いましたが、この日は勝手が違っていました。朝から里山に積まれた廃材の一部や刈った草を燃やす …

活動履歴

2019/11/18

「こども潜在能力アセスメント」の事前研修を里山でおこないました

「こども潜在能力アセスメント」は、(株)キムラエンタープライズがスタートさせた新しい企画。子供を2日間、里山での竹切り・竹倒しや、登山をしてもらい、“個人能力”、“対人関係能力”、“意思決定能力”、“チーム活動遂行能力”を都合21項目で評価するものです。 「こども潜在能力アセスメント」は実質12月から行いますが、その準備研修として、10月26日、高取山中の里山で竹切り・竹倒しを行い予行演習を行いました。参加は小学生男女2名。うち1名は大阪府高槻市から、早朝8時の集合にも関わらず来てくれました。 (実は途中 …

活動履歴

2019/11/15

吉野川 猛暑の中の忍耐“カッパ渡河”で思わぬハプニング続出?!そこで実感したSAKUDOの意義

今年の夏は猛暑日が続きました。38~39度は珍しくなく、それは9月に入っても変わりません。9月16日の全国の天気をみても、“大阪33度”、“東京は雨のち曇りでも31度”、名古屋に至っては“35度”。異常ともいえる気温の高さです。 9月16日、夏恒例の“カッパ遡行”の日です。暑いと言っても9月の暑さ…と、考えていましたが、この日も朝から気温がグングン上がり、昼頃には34度を記録。盛夏の真っただ中のような沢登りになりました。 今日のスターティングラインナップは松葉家母娘と寺口家父倅の2家族。木村エンタープライ …

活動履歴

2019/9/13

産業情報化新聞社「日本一明るい経済新聞」の取材を受けました

      9月13日、フジサンケイグループの日本工業新聞社(現サンケイビジネスアイ)で、記者をされてきた竹原信夫氏が編集長を務める、産業情報化新聞社が発行する「日本一明るい経済新聞」の取材を受けてきました。       産業情報化新聞社は大阪市西区、緑豊かな靭公園に面した、閑静な一角にあり、落ち着いたオフィスでお話をしました。 編集長は毎月40社の中小企業の経営者と面談する、企業経営の目利きです。さすがにご質問も核心をつくものが続き、SaKuD …

活動履歴

2019/8/17

あまり知られていない奈良県の臍(へそ)三宅町で歴史教室をしました

奈良県三宅町とは、いったいどこにある? 「奈良県磯城郡三宅町」。これだけ聞いて、どの辺りにあるか分かる人は、どれだけいるでしょう。多分奈良県の人に聞いても同じだと思います。しかし、「三宅町は、王寺町と田原本町と大和郡山市を結ぶトライアングルエリアです」というと皆、場所は想像がつきます。 三宅町役場のホームページはこちらからごらんください 三宅町の特産というと、ここでは古くから野球用グローブやスパイクシューズなどの生産が盛んな地で、現在も中小合わせて50近くの業者が存在します。1970年頃が最盛期であって、 …

活動履歴

2019/7/6

葛城山 一目百万本の躑躅(”つつじ”って読みます)に埋もれて。山の楽しさを実感。 

昨年は大雨に祟られて…から、快晴の2019年 葛城登山   「躑躅」って読めますか? そう答えは「つつじ」。           躑躅(ツツジ)とはツツジ科の植物であり、学術的にはツツジ属の植物の総称である。ただしドウダンツツジのようにツツジ属に属さないツツジ科の植物にもツツジと呼ばれるものがあるので注意が必要である。 主にアジアに広く分布し、ネパールでは国花となっている。   ウィキペディアより この躑躅が山一面を飾るのが、この時期の葛城山。人 …

活動履歴

2019/6/3

萩歴史体験「明治維新の原動力」(2019.6/3~6/5)

http://shoin-jinja.jp/ 萩で1番熱い日々 受け継がれゆく情熱 松下村塾で吉田松陰が若者を教えたのは、2年にも満たない日々だったと言います。 しかし、吉田松陰と若者たちの過ごした日々は、この萩で1番熱い日々でもありました。 松下村塾という小さな場所で、吉田松陰は若者たちに新たな日本の姿を示しました。 吉田松陰の教えは若者たちに受け継がれ、それこそが日本を、時代を変える原動力となりました。 社内研修 初夏、山口~萩の2泊3日 年号が令和に代わって最初の研修で、私たちは山口県にやって来まし …

活動履歴

2019/4/22

吉野山歴史体験 〖「経営」で考える南北朝時代〗(2019.4/22

緑輝く、南朝の故地 今回、私たちは歴史体験の一環として、南朝の故地・吉野にやって来ました。 この吉野の地で3人の人物を通して、南朝を『経営』の視点で考えていきましょう。 今回の参加メンバーは、社長の木村と社員2名です。             迅速果断、戦う天皇陛下 ~長所が短所に変わる時~ 全てを受け入れる地、吉野。その吉野に南朝を開き、戦い続けたのが後醍醐天皇でした。 後醍醐天皇を『経営』の視点から見て、まず言えるのが早すぎたという事でしょう …

活動履歴

2019/2/11

インターン学生と共に。冬の金剛山登山のチャレンジは、若い心に何を残したか(2019年2月11日)

今年も、2名のインターン生が木村エンタープライズにやってきました。そのうち、女子学生は片道1時間半かけて来てくれています。男子学生に至っては、なんと直線距離1,387㎞の上海出身。現在は日本の滋賀の大学に留学。直線距離108㎞の滋賀県長浜市から片道3時間かけて来てくれています。   ふたりとも金剛山登山は初めての経験。上海出身の男子学生は、冬の山を見たことがないのだそうです。インバウンドのニュースで、上海から雪を観に北海道に…というのを見ますが、初めての雪って、どんな感覚なのだろうと想像を巡らせ …

TEL:0744-46-9667
月・火・木・金・土 9:30~19:30
※土曜日は活動中で不在の場合がございます。

Copyright© SAKUDO , 2019 All Rights Reserved.