活動履歴

萩往還、富士登山に向けての体力作り 坊城~三国ヶ丘 30キロウォーク〖後編〗

投稿日:

萩往還、富士登山に向けての体力作り 坊城~三国ヶ丘 30キロウォーク

「緑の一里塚」について

さて私たち一行はこのあと古市駅を経て、ただひたすら西へ西へ。最終目的地のJR三国ヶ丘駅を目指します。とにかく交通量の多い国道沿いを行くのですから、賑やかではありますが、ある意味単調です。しばらく歩と進めて行くと、また路傍に碑がありました。「緑の一里塚」。あれ、竹ノ内峠にもありましたよね。これが定距離間隔で設置されています。

2013年、難波から奈良の飛鳥までつなぐ日本最古の官道である竹内街道が、開設1400年を迎えました。それを記念する意味で竹ノ内街道敷設1400年記念行事として、竹内街道、横大路全体を大阪府・奈良県・沿線市町村が一体となり盛り上げる「竹内街道・横大路(大道)1400年活性化プロジェクト」が展開されていて、そのプロジェクトの一つとして、街道をつなぎ、地域の賑わいを創出するとともに、府民にみどりを実感していただくため、街道沿いに、みどりを感じるスポット「緑の一里塚」を整備したのです。竹ノ内峠の碑はただの碑棒でしたが、ここは公園整備されています。

竹内街道・横大路(大道)活性化実行委員会ホームページ
竹内街道・横大路(大道)活性化実行委員会ホームページ

竹内街道・横大路~難波から飛鳥へ日本最古の官道「大道」~活性化実行委員会では「多くの人に知ってもらい、行きたくなる(訪ねてもらう)魅力あふれる街道をめざす。」ことを目標に取組みを行っています。

竹内街道・横大路(大道)活性化プロジェクト

大泉公園

辺りはだいぶ薄暗くなってきました。進路右手に大きな公園が見えてきました。大阪四大緑地(服部・鶴見・久宝寺)のひとつ、大泉公園のようです。1941年(昭和16年)11月25日の防空法改正法で、空襲被害が出た場合の避難場所として、また延焼を防ぐ目的で作られたり指定された緑地です。

大泉緑地
大泉緑地

大泉公園

この大森林公園には、広大な敷地には約200種30万本を優に超える樹木が植えられていて、巨大な滑り台が名物になっています。名称の由来となった大泉池や、15品種約1万株を集めた「燕子花(かきつばた)園」なども知られています。実は、神武天皇陵のある大仙「だいせん」とも読めるので、堺市の大仙公園(だいせんこうえん)と混同しないようにとの配慮で「おおいずみ緑地」と仮名で表記されることがあります。

さあいよいよ、ウォーキングも終盤に。三国ヶ丘駅が近づいてきたが、その前に

あたりがすっかり暗くなり、三国ヶ丘駅が近づいてきましたが、まだ少し距離があります。最後の力を振り絞って歩き続けます。

三国ヶ丘という地名は、摂津・河内・和泉という三つの国のさかいにある丘ということが由来です。察しの良い方はもうお気づきでしょうが、「境(さかい)」にあるから「堺」なんですね。堺東駅近くには「方違神社(ほうちがいじんじゃ)」があります。少し珍しい名前ですが、は、そのことを表した石碑も残っています。


方違神社のHPから、その言われについて抜粋しますと

「当神社奉斎地は「三国山こずえに住まふむささびの鳥まつがごとわれ待ち痩せむ」と『万葉集』にも歌われているごとく、摂津、河内、和泉の三国の境界なるが故に、“三国山”また“三国丘”とも称され、この三国の境(ちなみに“堺”の地名はこれに由来する)で何処の国にも属さない方位の無い清地であるという考え方に依り、その境内の御土と菰の葉にて作られた粽は悪い方位を祓うという信仰を以て、古きより方災除の神として御神徳を仰ぐ参詣者が全国より訪れます。
崇神天皇5年に疫病が大流行し、多くの民が死亡しました。天皇は同8年12月(紀元前90年)勅願により物部大母呂隅足尼(もののべのおおもろすみのすくね)を茅渟の石津原に遣わせ須佐之男神を祀らせ給うたところ、疫病は途絶え五穀は豊穣となったといい、これが方違神社創祀の起源とされています。
創祀より時を経て、神功皇后は朝鮮半島に出兵し新羅・高句麗・百濟を平定しました。皇后は凱旋の途中で忍熊王の叛乱に遭いますが、三筒男神の御神教により当地に天神地祇を祀り、神武天皇ご斎祷の故事に倣い御自ら八十平瓮を作り菰の葉に埴土を包み粽として奉り、方災除けを祈願して皇軍を勝利に導かれました。
後に応神天皇は此の地に須佐之男神・三筒男神・神功皇后を合せ祀り、方違大依羅神社(かたたがへおおよさみのかむつやしろ)と尊び奉られました。

変わった名前の神社ですが、その言われは実に深いものがありました。

その後、一行は最終目的地に向かって、暮れかかった国道をただひたすらに歩き続けます。そして……

約10時間、三国ヶ丘駅に到着しました

さあ、いよいよ、目指す三国ヶ丘駅が間近になってきました。とは言え、道筋は府道2号線。聞こえるのは騒音。見えるのは大量の車と郊外型のショッピング施設やレストラン、それと駐車場。実に味気ないものです。この辺りは車でよく通ります。普通、道というのは車では味気なく、歩いてみると発見があって面白いものですが、ここはただ味気ないものです。
18時40分。ようやく三国ヶ丘駅に到着しました。9時からスタートして9時間40分のウォーキングでした。この一帯は昨年、ユネスコ世界遺産に登録されたんですね。駅前は味気ないですが、古墳群などを見て回るのは楽しいと思います。今度、是非見に来ようと思います。

 

-活動履歴

TEL:0744-46-9667
月・火・木・金・土 9:30~19:30
※土曜日は活動中で不在の場合がございます。

Copyright© SAKUDO , 2020 All Rights Reserved.