好きな道を歩ませたい
でも、できればうちの事業を継いでもらえれば…
そんなお父様、お母様へ
次の次を考えるのもおとなの宿題です
一度しかない人生、同じ生きるなら
世のため人のため、富士山のように屹立した
士魂商才の経営者を育てませんか?
previous arrow
next arrow
Slider

投稿日:2019年1月9日 更新日:

「大廃業時代に対処する企業」として
いま、考えておきたい
「次の次」のこと。

日本の労働人口の約70%が中小企業に勤務しているにもかかわらず、中小企業の後継者が育ちにくい環境が急激に進んでいます。少子高齢化が加速する今、目の前の事業承継だけではなく次の次の後継者を育てなかったことが問題です。会社の将来を見据えた後継者の育成は経営者ファミリーで考えるべき課題です。
SAKUDOはそんな経営者のお子様の将来の可能性を広げる木村式リーダーシップ養成塾です。
歌舞伎、能など伝統芸能が持つ優れた後継者を育成し続けるための仕組みには、現在の企業の事業承継にも直接繋がる重要な知恵が伝承されています。決して他人事ではありません。

これからの大廃業時代という日本の大危機に対して、身を挺して対応するのが木村エンタープライズの仕事

  1. 社長に子供がいるにも関わらず、会社を継がないという中小企業がたくさんあります。
  2. 2025年には日本の中小企業の三分の一が廃業の危機に立たされると言われています。
  3. しかし今となっては上記2の危機から脱するための良い手はないどころか、もう遅いのです。
  4. だとしたら、これからのことが大変大切です。即ちこのまま放置すれば、生き残るであろう三分の二の中小企業にも、その二分の一とかがまた20~30年後には、廃業の危機が迫ってくることが必定です。
  5. なぜなら今起こっている危機の原因を取り除けていないばかりか、原因について気付けていない現実があるからです。
  6. 木村エンタープライスはこの日本の大危機に身を挺して警鐘を鳴らし、全力で対処せんとするものなのです。
  7. 即ち会社を承継し更に飛躍的に発展させて、魅力的な会社にするためのパワーを作るのが木村エンタープライスなのです。

SaKuDo 新企画のご紹介 お子様の隠れた力を見出す2日間「こども潜在能力アセスメント」始まります

お子様のチャンスを育み活かすために

こどもの能力は未来進行形ですが、一人ひとりが持って生まれた特性や才能は、その目覚める機会を待ち続けています。潜在的に秘められたその可能性を早期に発見し、最大限に伸ばすことは、本人、周囲、そして社会の幸せのためにも重要です。
今後10年の間に70歳を超える中小企業経営者の数は245万人となり、後継者不足は深刻な問題になっています。国の試算によると、2025年頃までに中小企業廃業の増加によるGDP損失額は約22兆円にのぼるとも言われており、私たちはこの社会問題を解決するためにも、中小企業の後継者育成を早期に実施することが重要と、取り組んでまいりました。
そのプログラムの一つとして生まれたのが、「こども潜在能力アセスメント」です。こどもたちそれぞれの良さや強みを、正しく発見することが何より重要。そこで、教育事業の
ノウハウを生かした、アセスメント(客観評価)プログラムを構築しました。アセスメント結果の可能性をさらに広げる「後継者・リーダー育成プログラム」も別途、ご用意しています。まずは、潜在能力アセスメントに楽しく参加し、こどもたちの未来進行形の可能性を見つけてください。

SAKUDO紹介動画

SAKUDOサービスについて

TEL:0744-46-9667
月・火・木・金・土 9:30~19:30
※土曜日は活動中で不在の場合がございます。

活動ブログ

活動履歴

2020/2/18

今年も無事、インターン研修を修了しました

滋京奈地域人材育成協議会は、2016年7月に設立の、滋賀県・京都府・奈良県の大学と産業界等で構成された協議会です。ここの事業のひとつに地域創造インターンシップがあります。 これは「社風発見インターンシップ」の経験者を中核とした課題解決(PBL)型の中期インターンシップで、具体的には、滋京奈地域人材育成協議会がインターンシップ生を受け入れ、その指導の下で各企業に派遣するもので、地域を担う人材に成長することを目指すものです。今年も木村エンタープライズでは、インターン生を迎えて5日間の研修をおこない無事終了しま …

コラム 活動履歴

2020/2/11

2月9日(日)葛城山”樹氷ウォーク!”

記録的(?)暖冬の中で、苦心のコース選び 2020年の冬は記録に残る暖冬を迎えています。昔から“喉元過ぎれば熱さを忘れる”と言われます。この場合の“あつさ”は“暑さ”ではなく、“熱さ”のことで、熱いものを飲み込んでも、その時を過ぎると、人は忘れてしまうことを言いますが、季節を対象に「その年の季節の気温が異常といえる状況であっても、翌年になれば忘れてしまうもの」というような理解も可能です。今年の冬はその意味では異常と感じるほど暖かいのですが、このような暖冬はあまり珍しくはないようです。 例えば、気象庁は今年 …

活動履歴

2020/2/4

近畿のマッターホーンと言われる奈良・高見山 冬の樹氷登山で大異変体験

近畿のマッターホーン。冬の樹氷を見る登山 近畿の人でもあまりご存じない台高山脈の北端に位置するのが”近畿のマッターホーン”と言われる「高見山」です。さて、下の2枚の写真をご覧ください。どちらがどちらか分かりますか?もちろん一目瞭然ではあります。方や標高4,478メートル、一方は1,248メートルとその差はありますが、その美しさには定評があり、人気の霊峰です。 また高見山の山頂付近の景観の良さもあって、常に登山者が絶えることがありません。さて、この景観の良さ。実は冬には山が雪に覆われ、近畿には珍しい樹氷が多 …

img045のサムネイル

活動履歴

2020/1/21

当社SAKUDOが、「日本一明るい経済新聞」に紹介されました

      前回ご紹介しましたが、当社SAKUDOが「日本一明るい経済新聞」Vol.270 12月号に掲載されました。このメディアはフジサンケイグループの日本工業新聞社(現サンケイビジネスアイ)で、記者をされてきた竹原信夫氏が編集長を務められているもので、大企業のようには目立たない中で、利益を出して活力溢れる、そんな輝くようなベンチャーや中小企業を紹介しています。是非、ご一読下さい。 小学生を対象の後継者育成親子塾         &n …

活動履歴

2020/1/20

SAKUDOより「経営者のための絆と健康親子体験企画のお誘い」のご紹介

後継者育成事業SAKUDOから、2月、3月の体験企画のご紹介です。 2月は第一弾として「葛城山樹氷ウォーク」、第二弾は「長州5傑と萩往還体験」のお誘いです。修験道の霊峰であり、役行者ゆかりの葛城山で、樹氷ウォークを楽しんでみませんか。こちらは当日の天候により、金剛山登山への変更があります。 第二弾は、舞台を山口県萩市において、「長州5傑と萩往還体験」。萩市を巡ったあと、志士たちの道・萩往還30キロメートルを歩きます。詳細は当社までお寄せください。皆様のご参加、こころよりお待ちしております。   …

イベント

2019/12/9

12月冬 高取山登山研修 高取城~壺阪寺をめぐり、山城と歴史を堪能する

奈良の山寺、高取城をご存じですか 「高取城」という名を聞いたことがありますか?奈良県高市郡の高取山にある山城で、今は城跡しか残っていませんが、実は日本の「城愛好家」には垂涎の名城跡です。高取町市街からおよそ4~5キロメートル程南東にあたる城跡で、標高583メートル、比高350メートルの山上に築かれた山城です。頂上には「巽高取雪かと見れば、雪ではござらぬ土佐の城」との石碑があり、その美しさが及び知れます。「土佐の城」と言うのは高知県のことではなく、この高取地区の旧名で、奈良時代に土佐から奈良に使役に来た土佐 …

活動履歴

2019/11/30

寒さと熱さと小雨の里山研修で、竹切り・竹倒し研修+(プラス)焚火。

2019年も押し詰まってきました。はやぶさ2がりゅうぐうに着陸したのは2月でした。イチローが引退したのは3月、そして4月に「令和」と元号が変わりました。猛暑に苦しんだ夏も過ぎて、冬を迎えたのはここ奈良県高取町も同じです。11月28日、そんな高取町の里山で、竹切り研修を行いました。           夏場の里山は蚊や虫が気になりましたが、今は冷気が厳しく感じます。朝8時の里山は、一言“寒い”。早く体を動かさなくてはの一念でラジオ体操と思いましたが、この日は …

活動履歴

2019/11/18

「こども潜在能力アセスメント」の事前研修を里山でおこないました

「こども潜在能力アセスメント」は、(株)キムラエンタープライズがスタートさせた新しい企画。子供を2日間、里山での竹切り・竹倒しや、登山をしてもらい、“個人能力”、“対人関係能力”、“意思決定能力”、“チーム活動遂行能力”を都合21項目で評価するものです。 「こども潜在能力アセスメント」は実質12月から行いますが、その準備研修として、10月26日、高取山中の里山で竹切り・竹倒しを行い予行演習を行いました。参加は小学生男女2名。うち1名は大阪府高槻市から、早朝8時の集合にも関わらず来てくれました。 (実は途中 …

活動履歴

2019/11/15

吉野川 猛暑の中の忍耐“カッパ渡河”で思わぬハプニング続出?!そこで実感したSAKUDOの意義

今年の夏は猛暑日が続きました。38~39度は珍しくなく、それは9月に入っても変わりません。9月16日の全国の天気をみても、“大阪33度”、“東京は雨のち曇りでも31度”、名古屋に至っては“35度”。異常ともいえる気温の高さです。 9月16日、夏恒例の“カッパ遡行”の日です。暑いと言っても9月の暑さ…と、考えていましたが、この日も朝から気温がグングン上がり、昼頃には34度を記録。盛夏の真っただ中のような沢登りになりました。 今日のスターティングラインナップは松葉家母娘と寺口家父倅の2家族。木村エンタープライ …

活動ブログSAKUDOチャンネル

関連リンク

株式会社木村エンタープライズ 公式サイトへ塾長ブログフィットネス事業 カーブスオークワ橿原坊城

TEL:0744-46-9667
月・火・木・金・土 9:30~19:30
※土曜日は活動中で不在の場合がございます。

Copyright© SAKUDO , 2020 All Rights Reserved.