好きな道を歩ませたい
でも、できればうちの事業を継いでもらえれば…
そんなお父様、お母様へ
次の次を考えるのもおとなの宿題です
一度しかない人生、同じ生きるなら
世のため人のため、富士山のように屹立した
士魂商才の経営者を育てませんか?
previous arrow
next arrow
Slider

投稿日:2019年1月9日 更新日:

「大廃業時代に対処する企業」として
いま、考えておきたい
「次の次」のこと。

日本の労働人口の約70%が中小企業に勤務しているにもかかわらず、中小企業の後継者が育ちにくい環境が急激に進んでいます。少子高齢化が加速する今、目の前の事業承継だけではなく次の次の後継者を育てなかったことが問題です。会社の将来を見据えた後継者の育成は経営者ファミリーで考えるべき課題です。
SAKUDOはそんな経営者のお子様の将来の可能性を広げる木村式リーダーシップ養成塾です。
歌舞伎、能など伝統芸能が持つ優れた後継者を育成し続けるための仕組みには、現在の企業の事業承継にも直接繋がる重要な知恵が伝承されています。決して他人事ではありません。

これからの大廃業時代という日本の大危機に対して、身を挺して対応するのが木村エンタープライズの仕事

  1. 社長に子供がいるにも関わらず、会社を継がないという中小企業がたくさんあります。
  2. 2025年には日本の中小企業の三分の一が廃業の危機に立たされると言われています。
  3. しかし今となっては上記2の危機から脱するための良い手はないどころか、もう遅いのです。
  4. だとしたら、これからのことが大変大切です。即ちこのまま放置すれば、生き残るであろう三分の二の中小企業にも、その二分の一とかがまた20~30年後には、廃業の危機が迫ってくることが必定です。
  5. なぜなら今起こっている危機の原因を取り除けていないばかりか、原因について気付けていない現実があるからです。
  6. 木村エンタープライスはこの日本の大危機に身を挺して警鐘を鳴らし、全力で対処せんとするものなのです。
  7. 即ち会社を承継し更に飛躍的に発展させて、魅力的な会社にするためのパワーを作るのが木村エンタープライスなのです。

SaKuDo 新企画のご紹介 お子様の隠れた力を見出す2日間「こども潜在能力アセスメント」始まります

お子様のチャンスを育み活かすために

こどもの能力は未来進行形ですが、一人ひとりが持って生まれた特性や才能は、その目覚める機会を待ち続けています。潜在的に秘められたその可能性を早期に発見し、最大限に伸ばすことは、本人、周囲、そして社会の幸せのためにも重要です。
今後10年の間に70歳を超える中小企業経営者の数は245万人となり、後継者不足は深刻な問題になっています。国の試算によると、2025年頃までに中小企業廃業の増加によるGDP損失額は約22兆円にのぼるとも言われており、私たちはこの社会問題を解決するためにも、中小企業の後継者育成を早期に実施することが重要と、取り組んでまいりました。
そのプログラムの一つとして生まれたのが、「こども潜在能力アセスメント」です。こどもたちそれぞれの良さや強みを、正しく発見することが何より重要。そこで、教育事業の
ノウハウを生かした、アセスメント(客観評価)プログラムを構築しました。アセスメント結果の可能性をさらに広げる「後継者・リーダー育成プログラム」も別途、ご用意しています。まずは、潜在能力アセスメントに楽しく参加し、こどもたちの未来進行形の可能性を見つけてください。

SAKUDO紹介動画

SAKUDOサービスについて

TEL:0744-46-9667
月・火・木・金・土 9:30~19:30
※土曜日は活動中で不在の場合がございます。

活動ブログ

活動履歴

2019/11/18

「こども潜在能力アセスメント」の事前研修を里山でおこないました

「こども潜在能力アセスメント」は、(株)キムラエンタープライズがスタートさせた新しい企画。子供を2日間、里山での竹切り・竹倒しや、登山をしてもらい、“個人能力”、“対人関係能力”、“意思決定能力”、“チーム活動遂行能力”を都合21項目で評価するものです。 「こども潜在能力アセスメント」は実質12月から行いますが、その準備研修として、10月26日、高取山中の里山で竹切り・竹倒しを行い予行演習を行いました。参加は小学生男女2名。うち1名は大阪府高槻市から、早朝8時の集合にも関わらず来てくれました。 (実は途中 …

活動履歴

2019/11/15

吉野川 猛暑の中の忍耐“カッパ渡河”で思わぬハプニング続出?!そこで実感したSAKUDOの意義

今年の夏は猛暑日が続きました。38~39度は珍しくなく、それは9月に入っても変わりません。9月16日の全国の天気をみても、“大阪33度”、“東京は雨のち曇りでも31度”、名古屋に至っては“35度”。異常ともいえる気温の高さです。 9月16日、夏恒例の“カッパ遡行”の日です。暑いと言っても9月の暑さ…と、考えていましたが、この日も朝から気温がグングン上がり、昼頃には34度を記録。盛夏の真っただ中のような沢登りになりました。 今日のスターティングラインナップは松葉家母娘と寺口家父倅の2家族。木村エンタープライ …

活動履歴

2019/9/13

産業情報化新聞社「日本一明るい経済新聞」の取材を受けました

      9月13日、フジサンケイグループの日本工業新聞社(現サンケイビジネスアイ)で、記者をされてきた竹原信夫氏が編集長を務める、産業情報化新聞社が発行する「日本一明るい経済新聞」の取材を受けてきました。       産業情報化新聞社は大阪市西区、緑豊かな靭公園に面した、閑静な一角にあり、落ち着いたオフィスでお話をしました。 編集長は毎月40社の中小企業の経営者と面談する、企業経営の目利きです。さすがにご質問も核心をつくものが続き、SaKuD …

活動履歴

2019/8/17

あまり知られていない奈良県の臍(へそ)三宅町で歴史教室をしました

奈良県三宅町とは、いったいどこにある? 「奈良県磯城郡三宅町」。これだけ聞いて、どの辺りにあるか分かる人は、どれだけいるでしょう。多分奈良県の人に聞いても同じだと思います。しかし、「三宅町は、王寺町と田原本町と大和郡山市を結ぶトライアングルエリアです」というと皆、場所は想像がつきます。 三宅町役場のホームページはこちらからごらんください 三宅町の特産というと、ここでは古くから野球用グローブやスパイクシューズなどの生産が盛んな地で、現在も中小合わせて50近くの業者が存在します。1970年頃が最盛期であって、 …

活動履歴

2019/7/6

葛城山 一目百万本の躑躅(”つつじ”って読みます)に埋もれて。山の楽しさを実感。 

昨年は大雨に祟られて…から、快晴の2019年 葛城登山   「躑躅」って読めますか? そう答えは「つつじ」。           躑躅(ツツジ)とはツツジ科の植物であり、学術的にはツツジ属の植物の総称である。ただしドウダンツツジのようにツツジ属に属さないツツジ科の植物にもツツジと呼ばれるものがあるので注意が必要である。 主にアジアに広く分布し、ネパールでは国花となっている。   ウィキペディアより この躑躅が山一面を飾るのが、この時期の葛城山。人 …

活動履歴

2019/6/3

萩歴史体験「明治維新の原動力」(2019.6/3~6/5)

http://shoin-jinja.jp/ 萩で1番熱い日々 受け継がれゆく情熱 松下村塾で吉田松陰が若者を教えたのは、2年にも満たない日々だったと言います。 しかし、吉田松陰と若者たちの過ごした日々は、この萩で1番熱い日々でもありました。 松下村塾という小さな場所で、吉田松陰は若者たちに新たな日本の姿を示しました。 吉田松陰の教えは若者たちに受け継がれ、それこそが日本を、時代を変える原動力となりました。 社内研修 初夏、山口~萩の2泊3日 年号が令和に代わって最初の研修で、私たちは山口県にやって来まし …

活動履歴

2019/4/22

吉野山歴史体験 〖「経営」で考える南北朝時代〗(2019.4/22

緑輝く、南朝の故地 今回、私たちは歴史体験の一環として、南朝の故地・吉野にやって来ました。 この吉野の地で3人の人物を通して、南朝を『経営』の視点で考えていきましょう。 今回の参加メンバーは、社長の木村と社員2名です。             迅速果断、戦う天皇陛下 ~長所が短所に変わる時~ 全てを受け入れる地、吉野。その吉野に南朝を開き、戦い続けたのが後醍醐天皇でした。 後醍醐天皇を『経営』の視点から見て、まず言えるのが早すぎたという事でしょう …

活動履歴

2019/2/11

インターン学生と共に。冬の金剛山登山のチャレンジは、若い心に何を残したか(2019年2月11日)

今年も、2名のインターン生が木村エンタープライズにやってきました。そのうち、女子学生は片道1時間半かけて来てくれています。男子学生に至っては、なんと直線距離1,387㎞の上海出身。現在は日本の滋賀の大学に留学。直線距離108㎞の滋賀県長浜市から片道3時間かけて来てくれています。   ふたりとも金剛山登山は初めての経験。上海出身の男子学生は、冬の山を見たことがないのだそうです。インバウンドのニュースで、上海から雪を観に北海道に…というのを見ますが、初めての雪って、どんな感覚なのだろうと想像を巡らせ …

イベント

2019/2/8

SATOYAMA 自然を身近に感じて(2019年2月8日)

最も身近な自然、SATOYAMA (2019年2月8日) 今回、私たちは奈良県高取町のSATOYAMAにやって来ました。大自然の中で竹を切ったり、木の手入れをしたりして、自然の素晴らしさを体験します。 まだまだ寒い季節ですが、寒さに負けずに頑張ります。 (⇩奈良県高市郡高取町にある下記の実習場で行いました)                   自然にも人の手助けが必要 一歩里山に足を踏み入れると、古くなった竹があちら …

活動ブログSAKUDOチャンネル

関連リンク

株式会社木村エンタープライズ 公式サイトへ塾長ブログフィットネス事業 カーブスオークワ橿原坊城

TEL:0744-46-9667
月・火・木・金・土 9:30~19:30
※土曜日は活動中で不在の場合がございます。

Copyright© SAKUDO , 2019 All Rights Reserved.